窓の位置をよく考えよう

風通しをよくしたり、光をとり入れたりするために、窓の位置は重要です。あまり考えずに窓を設置してしまうと、風の通りが悪くなって室内の空気がよどむ、夏場の厚さが気になる、室内が暗くなるといったことになってしまいかねません。
窓の位置を考えるとき、周辺環境も考慮する必要があります。
隣の家の窓と自分の家の窓の位置がかぶってしまうと、隣の家から自分の家の中が丸見えになってしまいます。雨戸やカーテンを閉めることで外から見えなくすることができますが、これでは風通しが悪くなり、室内は暗くなってしまいます。
窓の外がゴミ捨て場ということも考えられます。これでは、ゴミ捨ての日は外の悪臭が室内に入ってきてしまい、気軽に窓を開けることができません。そして、ごみを捨てに来る人たちに家の中を見られてしまう心配もあります。
快適な室内環境を作るために窓の位置は重要です。そのため、隣の家、道路、ゴミ捨て場などの周辺環境も考えて間取りを考えてみてください。