実際に住んでみて、木造建築の良いところについて

わたしは生まれてから20年間、木造建築に住んでいました。
実際に住んでみて良いところをいくつかあげていきたいを思います。
まずは暖かいところです。構造的に木の方が温もりがあります。例えば、縁側。木造の廊下なので冬場でもその場に寝転んでも木に温かみが残っていて充分に過ごせます。逆に夏場は、木の方がひんやりとして涼しいと思いました。
そして、なんといってもお風呂。ステンレスにかわったときはがっかりしました。湯船が木であるとなんといっても冬でも暖かい。そして、体も必然的に温まりやすく、冷えにくいと思います。また、木ならではのなんとも言えない香りがあり、落ち着いたことが思い出されます。マイナスとしては小さな虫が集まりやすいところは否めませんがこればかりは致し方なしです。
実際には木造建築の本当の良さは住んでみればよくわかると思います。独特の匂いと暖かさは木造建築でなければなかなか出てこないと思いました。