吹き抜けについて

もともと南側に住宅が建っていて、明かりがとりにくい環境のため、採光を工夫する必要がありました。そこで、リビングに吹き抜けを設けることにしました。吹き抜け構造にするの悩んだ点は3点ありました。
1.1階と2階の温度差
2.音漏れや臭いの問題
3.窓などの吹き抜け空間の掃除

施工後の感想とか
1.温度差はあります。特に冬場、1階で温めた空気は2階に上がってしまって、1階は寒いのに
2階は温かく快適です。2階に少ホールを作って2階でもくつろげる空間を作ってよかった。
暖房は蓄熱暖房を導入して正解だった。

2.1階の音は2階の子供部屋まで響きますし、臭いも上がっていきます。子供が小さい時には親が1階で家事をしていると感じていてくれていいですが、子供が大きくなると大きな声でしゃべっていると丸聞こえになっているかもしれません。また、テスト前や受験時などはテレビの音量は控えにした方が賢明です。

3.吹き抜け丈夫にシーリングファンを付けましたが、掃除はし難いです。叩きに長いものでを継ぎ足して掃除をしています。あと、シーリングファンのメンテナンスはコストかかるでしょう。