地元の宮大工の棟梁にお願いして新築住宅

最近の新築住宅については大手の住宅メーカーや住宅販売店が主体となって促進しているようですが、一昔前までは地元の大工さんの棟梁や工務店などが主体となって家を建てていました。 

実は私の住んでいるところは神奈川県とはいっても、かなり田舎にあって所謂、集落的なところです。 最近では、この辺りは新興の住宅団地もボチボチできつつありますが、元より今でもヒッソリとした集落的地域だが、今でも昔からの神社やお寺が比較的多く、従って建築関係の仕事、特に建築職人、宮大工さん、大工さんや工務店などが多くいるのです。

そんな私自身の新築住宅の家を建てたときなどは宮大工の棟梁にお願いして建てたものでした。 そんな時には小難しい設計図などは無いようで、勿論、普通の木造造りでこの地域や土地柄にあった造りかたで、職人さんも大工さんの棟梁の人柄を信用して仕事をしているようで、現代に考えられるような手抜き工事等とは、凡そ縁の無い世界で仕事をしているような方々でありました。

大工の棟梁や工務店は、昔の職人仲間を一寸束ねて、組織化しかもので、それに、人と人とが信頼関係の下で、地元に根ざした職人的仕事をしている集団と見たらいいのではないか、とも思われる次第です。